universe!

Nothing is impossible,the word itself says "I'm possible!!"

2017 忘年美会

鮨 たかだ

食べログ鮨 たかだ


友人と忘年会。

恵比寿のお寿司屋さんにて。

美味しいお料理とお酒で楽しい時間を過ごしました。

有難いことです。

友人のうちの一人は先日のお誕生日に3歳年下の彼からネックレスをプレゼントされたのですが、

プレゼントされる時に、


赤と青どっちがすき?


と聞かれたんだそうな。

それを聞いたときに、

カルティエティファニーどっちがいい?ってこと?

と返したら、なんで分かるの?と。


それはね、31歳だけど永遠のロマンチスト、脳内お花畑おばさんだからだよ!!

というか、そんな少女漫画に出てくる王子みたいな28歳が現実に存在するんですか?


可愛いなあ…

微笑ましい……


12日に芝浦さんから今日空いてますかのご連絡を頂きましたが、13日から母親が出張で東京にくることになっていたので断腸の思いでお断りを……



 芝浦さんといえば先日、何かのバナーから占いのページにとんでしまって、ついつい見てしまったんですが、

不倫やセフレの関係は20日までに精算を☆みたいなことが書いてあってですね。

不倫でもセフレでもないけど、この偶然に乗って、20日までに連絡あったら告白しよう…と一瞬思ったけど、自然にフェードアウトできればいいなあ。

第一、わたしの中の問題すぎて、芝浦さんには全然関係の無いことだし……

何をどう言えばいいのか分からないし、私から連絡をしなければ全て終わる。

会ったら楽しいし落ち着くし好きだけど、これは恋愛じゃなくて、わたしの認証欲求を満たすためだけのものな気がしているので。

彼じゃなきゃだめ、彼しか見えない!というものじゃないんですよ。

好きな気持ちに自分でストッパーをかけてる感は否めませんが、なんというか、

お医者とか国会議員とか大手所属の弁護士とか、「そういう」人と一緒に食事して、恋人ごっこしているのがいいんでしょうね。

素敵なお店で美味しいものを頂いて、私がこの一生で携わることはないであろう仕事の話なんかも聞けたりして、そして彼等の自宅で大切に抱かれることで、一瞬だけ満たされるんでしょうね。

でも、わたしが無理に大人ぶっていい女を演じても身と心を削るだけでいいことなんかひとつもありません。

そもそもわたし、素人の31歳ですもん。

んなことできるわけもないし、する必要もない。

セックスのできるお母さんになる必要がわたしにはどこにもない。

若い頃はそこに自分の存在意義を見出していたけど、そんなもんで得られる認証なんつーもんは、すぐになくなる。

目新しさがなくなったら、途端に、

なんでこうじゃないんだ、お前のここがよくない、のオンパレードで、

ほんとどうしようもないモラがハラしてさぁ大変みたいな。

最悪、うちの母親はこうなのに何故お前は違うんだと言われる。

意味が、分からない。

若い頃は、私が悪いんだ…わたしって本当になんにもない人間なんだ…って、

認識されたくて好きになって欲しくて、頑張った結果、どんどん自己評価を下げることに…

あの頃のわたし、頭が悪すぎて不憫……


ここまで分かるのに苦節31年。

長いね…遠い目


さみしいからとりあえず酔いたい、みたいに人と付きあったとて、それはわたしの何も癒さない。


優しい時間を共有できたと思っていても、彼等の属する市場においてのわたしの価値は?ということを、考えた途端、凍りつく。



…恋愛においては、もう評価も批評もされたくない。


なので、そのひと時がどんなに楽しくても、もう辞めましょう。

美味しいものも素敵な場所も、自分で稼いで手に入れたらええんや。

この身一つでどこまでもゆこう。



生きてるだけで素晴らしい!偉い!

とは思っていないので、

この恵まれた環境で生きてるからにはもっとやりたいこともあるので、

早くわたしはわたしを認めてあげたい。

その為に出来ることを一生懸命やりたい。



明日からまた頑張ろう。